記事一覧

創造の心を知れ

ファイル 307-1.jpgファイル 307-2.jpg

昨日ここの近くで撮影の仕事が有ったので、埼玉トリエンナーレ会場の一つに行った。
何の予備知識も無く、ただ看板が出ていたのに気付いたから。

場所は古い社宅を改装したところで、玄関から階段を登って入った壁の3面全体に、鉛筆で絵が描かれていた。
絵は作品を構成する要素の一部で、展示は、その絵を来場者が消しゴムで消すという見る人が参加するタイプの作品になっている。
消しゴムで消す期間は数日から始まっており、この日はすでに端の方が結構な面積消えていた。

このドローイングは来場者によって毎日どんどん消されてゆく。
そして12月3日にイベントが有りその時には全て消される予定との事。実際この日も目の前で、来た人によって消されていた。

絵を見たければ急ぐしかないけど、でも消えた後の床に消しゴムのカスが残る白い壁を見るのも悪く無いと思う。

https://saitamatriennale.jp/

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
公開設定