記事一覧

ルネこだいら中ホール

ファイル 250-1.jpgファイル 250-2.jpg

このブログの分類「ホール、施設」についての記事は今後Facebookページに一本化されます。
よろしくお願いいたします。
https://www.facebook.com/kln2.photo/


ルネこだいら中ホールの舞台はエレベーター。

ルネこだいらのポストを後ろから見た所。
大きい。

カナックホール

ファイル 214-1.jpgファイル 214-2.jpgファイル 214-3.jpg

 東神奈川駅と仲木戸駅を繋ぐ歩道は脇にも道が伸びていて、このホールに繋がっている。
 傾斜のきつい客席は音楽ホールの雰囲気たっぷりで、どの席からも演奏者が良く見える。ピアノはヤマハのグランドピアノ。

 発表会の連弾の部で、お父さんと子供が弾いていたらすごく良い音が聴こえて来て、後で話を聞いたらそのお父さんは昔ピアノを習っていて家にはグランドピアノが有ったとの事。今家に有るのは電子ピアノなのだけど、このホールに来たらピアノの鳴らし方を思い出した、と話された。

セシオン杉並ホール

ファイル 213-1.jpgファイル 213-2.jpg

 東高円寺が最寄り駅のセシオン杉並は会議室や体育室が揃っていて巨大な区民センターという感じの建物なのだけど、ここのホールは音が良かった。

 ホールの音響は独特で、手を叩くと明確に3回ほど、鋭いアタックの残響が聴こえる。
所がこれが、スタンウェイの響きとちょうどピッタリ調和していて、聴いているとまるでちょっと昔のオフマイク気味の録音をヘッドフォンで聴いているかのような音で、もう素晴らしい。
 
 ここのピアノの調子も大変に良かった。巷のスタンウェイの中にはある特定の鍵盤が叩かれるとヂーンと言う感じで倍音が強く響く印象がある物も有るけれど、セシオン杉並のは注音~高音にかけて倍音が美しく響き全体に調和がとれている。よく言われる所のスタンウェイはきらびやかという表現はこれの事かと思った。ホールの方の話によると、ここにあるのはドイツ製で、しかも素材が今のとは違っていた時代の物との事。

 グランドピアノはもう一台有ってそちらはベーゼンドルファー。この日は二台使われたので両方聴くことが出来た。音の違いをラーメンの具に例えるとスタンウェイはシナチクでベーゼンドルファーは堅ゆで卵って感じを言葉では表現しづらい。

 因みにホール最後列の席の音響だけは今一つ。空調の動作音もちょっと聴こえる。しかしこの辺の椅子の表面はすり切れて中のスポンジが見えている。多分ローテーションで良く無いやつを後ろに回しているのだろう。ここは座るなって事だ。

 ともあれ、良く響くタイプのホールがお好みなら、セシオン杉並はお勧め。

若葉台 iプラザホール

ファイル 212-1.jpgファイル 212-2.jpg

 このブログでは時々出てくる、若葉台のiプラザホール。私としてはここはホームグラウンドで、自分のスタンダードを形作っているとも言える思い入れ深いホール。この日は特に音が良かった気がする。

 ここは良く響いて、レンズキャップなんかを床に落としても凄い音量でその音が響く。(床は固い)
でも、良く響くのは高音域で、中音域は適度に減退して結果いい感じに聴こえる。抽象的な言い方だとやや籠っていてスピーディな反響。客席から聴くと、音は前から聴こえる。

 スタッフの話によると、このホールは演奏者からも大変評判が良いそうだ。これは珍しい事らしい。録音の為の利用も月に数回有るとの事。またピアノの調子も今は絶好調との事。

杜のホールはしもと 多目的室

ファイル 211-1.jpg

 この施設は橋本駅の真横、meweの最上階に有る。
床はフラットで、ステージは低いけど一段上る。パイプ椅子を全部出すと200席。

 音響的にはデッドで、しんとしていて何も音が聞こえない。自分の話し声さえ骨伝導しか聞こえないので、距離感が狂う不思議な体験をする。

 ピアノの音は良かった。大きい音がこのホールで直接的に、ピアノそのものと言う感じでダイレクトに聴こえる。
このピアノは公民館等でよく見るヤマハのグランドピアノ。自分が聴いたのの中には率直に言って残念な状態の物も有った。でもこれはちゃんと調律されていて、本当はこんなに正しく大きな音がするのだと感心させられた。

 ピアノの場所は会場に入った時にはすでにセットされていたのだけど、足の向きは全部中心から外側に向けられていて美しかった。音もこれが一番良いらしい。

ノバホール 小ホール

ファイル 210-1.jpgファイル 210-2.jpg

つくば駅から歩いてすぐのノバホールに併設された小ホール。

 パイプ椅子が100席の会場は床がフラットで、ステージとの高低差も無い。
 話すとその声は残響が耳に届くわけでもなくかといって吸収され過ぎて耳がしんとする事も無く、自然に聞こえる。
会場を取り囲む吸音材は上の部分が空いていて、外側の固い壁とも音の行き来が有るようだ。ここのホールのややデッドな音響は人間的と言うか自然と言うか、ピアノを聴くと違和感なく大変心地いい。

 ピアノはベヒシュタインで、これは100年くらい前の物との事。
端正な調律がなされたそれはシンプルにピアノの音と言う感じの音なのだけれど、強く弾かれても筐体がピシッと固く締まった感じで全く破綻しない。

パルテノン多摩大ホール

ファイル 182-1.jpgファイル 182-2.jpg

 パルテノン多摩の大ホールは、客席数1,414と大きい。
ここは以前、ベネッセの高校入試説明会で来た事が有ったのだけど、声が壁に反射せず、随分聴きやすいホールだと思った。
今回は和太鼓の演奏だったけど、大きな音もよく纏まった音で聴こえた。

 しかしここは広い。上の写真は一番後ろから撮影した物なのだけど、そこにビデオ屋さん、席の中央にPAさん。そしてPAさんの直前に私の三脚が有る。

 パルテノン多摩はホールの他にも、ミュージアムや展示室、映画館が有って楽しい所だ。
またここから歩いて行けるところには多摩美の美出棺やベネッセのプラネタリウム、東京都埋蔵文化センターと、一日見て回れる。
東京都埋蔵文化センターには竪穴式住居が復元されていて、子供と行っても楽しい。

栄区民文化センターリリスホール

ファイル 174-1.jpgファイル 174-2.jpg

 本郷台駅の近くにある栄区リリスホール。
 ここは大変良く響く。ステージからピアノの音を聴いていると(横で写真を撮っていたので)、ハンマーのタッタッタッと言う音が壁に反射して戻って来て、タシタシタシと聴こえる。

 演奏中ホールの後ろに人が立って腕組みしながら聴いているおじいさんがいらしたのだけど、その方が何と最後に演奏された先生の先生その人だった。ホールの音響に合わせて弾き方を調整する為に音をよく聴いていたとの事で、達人は違うと思った。

ページ移動