kln2 header

発表会の録音


このページでは、録音のサービスについて説明をしています。

録音について

ポータブルリニアPCMレコーダーとマイクを使って、発表会の録音を行っています。
マイクやICレコーダーは写真撮影の邪魔にならないようにセッティングしています。

直接的な音が混ざる音質は、打鍵やペダルの踏み方の良し悪しが分かります。 ピアノの個体差や調律の状態、ホールの影響も分かります。
その為録音を依頼された先生からは、自身の演奏を客観的に聴く事が出来、改善点を知ることが出来るという旨のコメントを頂きます。

録音のサービスは現在、写真撮影のおまけと言う位置づけです。 音質は率直に言って録音の専門業者には及びません。 しかし、手頃な値段で写真撮影も付いているので、お得です。
以下のリンクのページから録音のサンプルをご視聴頂けます。

マイクの位置

●ピアノ演奏の録音
ピアノ演奏の場合、メインの録音機はピアノのフレームの平らな部分に滑り止めのゴムとスポンジを置き、その上に置いています。
(この方法で、非常に力強い演奏が長時間続いてもピアノは安全である事を確認しています)
ピアノを2台使う演奏の場合は、それぞれの中にICレコーダーを置きます。

それとは別に、客席の最前列、もしくは客席のステージ近く上手側から録音しています。
客席前列空の場合、マイクの座面の高さ辺りにマイクをセットします。 ステージ脇の場合は、ブームスタンドを立て、高い所にマイクをセットします。

●アンサンブル録音のマイク位置
歌やアンサンブルの録音の場合、メインのマイクは客席最前列の低い位置にセットされます。この際の録音は、遠い感じの音になります。
構成によって補助的にICレコーダーを足します。
recording sample
recording sample

録音の料金

写真撮影をご注文の場合、録音の料金は特にかかりません。

納品の形態

基本的にデーター納品です。データーの形式はwav及びmp3で、写真のデーターと一緒にBD-RかDVD-Rで納品致します。
オプションの生徒向けのDVD-Rにつきましては、音声データーはメディア容量の関係でMP3形式のみになります。

制限事項

録音の準備は、リハーサル時に行われます。
ですので、リハーサル時のスナップ撮影をご希望の場合、写真の枚数が少なくなります。
写真を重視される場合は、録音は無しをお勧めいたします。
kln2 footer